toggle
憲法ネット103
憲法研究者と市民のひろば

 私たち憲法研究者は、大学その他で憲法研究・憲法教育に従事しています。研究者にとっては研究と教育は真理を探究しそれを伝えるのがあくまで本務です。
日頃は、実際の憲法政治の成り行きについては、みなさんと同じように、「しっかりと憲法政治が行われれば良いのだが」と思いながら、一人の市民として、日々のニュースに接しています。

 しかしながら、第2次安倍政権下での、安保法制(戦争法)・共謀罪法の成立の経緯や今回の臨時国会での審議抜きの理由無き冒頭解散など憲法無視の政治が相次ぐ中で、いま、憲法研究者に求められているのは、これまで以上に現実の社会における憲法問題について広く発言し、市民のみなさんとともに行動し、ともに歩むことであると考えるようになりました。

 それで、このたび、100名を超える憲法研究者が集まって、もっと憲法を政治や生活に生かすことに取り組む「憲法研究者と市民のネットワーク」(略称:「憲法ネット103」)を立ち上げることにしました。このサイト「憲法研究者と市民のひろば」ともどもよろしくおつきあい願います。​ →   参加メンバー

市民の皆様へー憲法記念日にあたっての憲法研究者のメッセージ

今年は新型コロナ危機の緊急事態のもとで第73回目の憲法記念日を迎えます。全世界の国民にとっても私たちにとっても、かつて経験したことのない事態です。コロナ・パンデミックに対処するためには、憲法が保障している基本権が制限されても仕方がないのか。新型コロナに有効に立ち向かうためにも、私たちの自由と生存のいまを再考しなければならないと思います。

自粛要請では生ぬるいので、コロナ対策特措法を改正すべきだ、憲法に緊急事態を加えるべきだ、憲法審査会を動かすべきだという声も一部に出ています。

このような時であるからこそ、市民のみなさまに憲法ネット103に結集する憲法研究者からのメッセージをお届けしたいと思います。日本国憲法のよって立つ、立憲主義、平和主義、民主主義を今後とも維持し、発展させていくためにはいま何が必要なのか。どのように現状を変えていかなければいけないのか。ご一緒に考えていきたいと思います。」

憲法ネット103の取り組み

憲法ネット103の発足以来の活動をまとめました。

◾️2017.10.09立ち上げ記者会見&シンポジウム

◾️緊急声明

◾️メンバーの取り組み

◾️コラム

◾️交流の広場

◾️リンク集  2020.09.20 up

どこでも憲法

憲法のことならなんでも、全国津々浦々、どこへでも、少人数の集まりでも、お邪魔します。「そんなこと言われても、どうしていいのかわからない」という場合も、まずはお気軽にご相談下さい。ご要望に応じ学習会の講師をご紹介するなどして、皆さんの集まりをお手伝いします。

◾️これまでの活動

◾️憲法なんでも出前講師

◾️講師一覧